ベトナム人材

クライアントに良さを伝えるのが先

つい最近まで、とある派遣会社の採用業務に関わっていました。履歴書をみる限りベトナムをはじめ、様々な国籍の方がいらっしゃいました。非常に優秀であるだろうことのわかる方は多かったのですが、そこの会社では外国籍の場合は採用することはありませんでした。
理由としては、取引先で派遣できる場所が無かったからです。仮に国籍不問という案件がたまたまあったとしても、契約期間満了のタイミングで次の派遣先を用意できない可能性のほうが強からです。金額を下げてでも日本人のみという案件がほとんどでした。
取引先が大手になればなるだけ、案件ごとの担当者で判断出来る事が少なくなる傾向があるかと思いますので、案件担当者単位のリスク回避のあらわれではないかと思います。人材派遣の業界にいて感じたことは、どうしても「代わりの人材はいくらでもいる」という概念にいまだに捕らわれているように思います。
こんご、ベトナム人を重要な労働力としてきちんと受け入れていくためには、受け入れ側の意識をまず変えなければならないのではないかと感じます。それに伴い日本人の仕事が奪われる!と感じる人も出てくるかと思いますので、双方が理解できる制度があれば理想的だな思います。

最新の情報

クライアントに良さを伝えるのが先

つい最近まで、とある派遣会社の採用業務に関わっていました。履歴書をみる限りベトナムをはじめ、様々な国籍の方がいらっしゃいました。非常に…

詳細を読む

人材派遣として有力なベトナム人

近年、人材要員として、ベトナム人の需要が高まっています。現在、日本では外国人労働者の受け入れについての議論が盛んに行われています。特に…

詳細を読む

手先は器用で真面目に働いてくれる

私の会社でもベトナム人材を使っていますがベトナム人材でもベトナム人技能実習生を私の会社では雇うようにしています、なぜそのようにしている…

詳細を読む